福島県富岡町産のお米使用 とみおかの日本酒『萌〜KIZASHI〜』発売まで”あと4日”!!【とみおかアンバサダー活動記vol.4】

Blog

今日は以前より「とみおかアンバサダー」の記事でご紹介していました、福島県富岡町産のお米使用・とみおかの日本酒『萌〜KIZASHI〜』のお話です😃
 
発売記念企画として、昨日からSNS等で”とみおかアンバサダー”のカウントダウン投稿がはじまりました📝

本日は私、村橋茜が担当ですので、
Blogをご覧の皆様にもご紹介致します🍶✨



2014年から通い続けている東北・福島県。
昨年とみおかアンバサダーの肩書きを頂戴し、福島への想いがより強くなりました✨

とみおかアンバサダーとして現地を訪れたのは数日間ですが、数日間とは思えないほど濃い時間。
富岡町の美しい景色を目にしたり、町民の方から沢山のお話を伺うことができました。

その中でも特に私が印象に残っている景色、それは早朝の富岡漁港で見た景色です🌊

グラデーションの空が映る水面。

自然が創りだした砂の波。

太平洋から登る真っ赤な太陽と幻想的な毛嵐。

震災と原発事故で足を踏み入れることすら出来なかった富岡町。

美しい景色達は、町の悲しみを表しているだけでなく、小さな希望を灯しているようにも感じました。


富岡町に農業を取り戻そうと奮闘する”心優しき米農家さん”。
「忘れて欲しいこともある」と辛い心中を話してくださった”素晴らしい酒造りの技術を持つ酒蔵さん”。
富岡町で生まれ育ち、在りし日の富岡町の姿や今のお気持ちを丁寧に教えてくださった”温かな町民の方々”。
福島県の未来を信じて県内外から移住されてきた”熱い想いを持つ人々”。
このプロジェクトに賛同し全国から集まった”とみおかアンバサダー”。

このお酒には、
沢山の方々の想いや希望が詰まっています🤲

1人でも多くの方に”萌”を手にして頂き、富岡町の美しい景色や桜を見ながら味わって欲しい✨
日本酒造りに携わっている方々や富岡町のことを語り合いながら堪能して欲しい✨

そしていつの日か…
名前とラベルのコンセプトになっている『富岡町を彩る満開のツツジ』を眺めながら”萌”を飲むこと。
これが、今の私の夢です✨

とみおかプラスさんのHPよりお借り致しました

2020年3月11日、
東日本大震災・福島原子力発電所の事故から9年。

多くの方々が祈りを捧げるこの日に
『萌〜KIZASHI〜』は誕生します🌱

皆様の希望を象徴するお酒になります様に❣️

*下記の記事もどうぞご覧ください*

【日本酒】富岡産米使用 スパークリングSAKE「萌」リリース!【新おみやげ】(ブログ詳細) | 一般社団法人とみおかプラス
福島県双葉郡富岡町のイベントなどを運営する一般社団法人とみおかプラスのWebサイトです。


“萌”発売と常磐線開通に伴い、私は3月13日夜〜3月15日まで富岡町へ行ってきます🚗
そして3月11日〜13日は今年も北上音楽祭のメンバーと一緒に東北慰霊ツアーを行います🙏

これからも現地の様子をBlogやSNS、Youtubeでお伝えしていきますね。

#とみおかアンバサダー #とみおかの酒
#とみおかの萌 #富岡町 #日本酒 #人気酒造 #とみおかプラス


コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました